男のファッションは組み合わせで決まる

男のファッションは、女性と違ってパーツ数は少なくとも特に秋や冬物というのはかなり値段が高いです。
特に、それなりの服を用意しようとすると結構な値段がかかってしまいます。

だから、それを毎回違う服を着るために数を用意しようとするとなると、普通の人にはあまり現実的な値段とは言えませんね。

なので、服の数を増やすよりも服の組み合わせや着方によって変化をつける事でお洒落を演出するのが効果的です。

男のファッションの真髄は数よりもアレンジ力

男性のファッションセンス、というのは服を沢山用意するのではなく数ある服をいかに組み合わせる事でオシャレなコーデをするのかということが大事なんですね。
特に、秋冬はコートやジャケットでごまかせる分マンネリ化しやすいのがメンズファッションの特徴ですからね。
特に、秋冬に役に立つアイテムと言えばニットですね。

ニットは、様々なアイテムと組み合わせをしやすいですし素材や雰囲気も優しい感じに仕上げる事ができるので、女子からの見え方も良くなります。

ただ、ニットもワンパターンにならないように色とタイプやスタイルなどが違うものを2、3種類くらい用意しておけると組み合わせがしやすくなりますね。

ニット系の衣装は、特に秋冬は機能性としても温かいので使いやすくおすすめの素材だと言えるでしょうね。

シンプルな着こなしができるのが魅力的

ニット系は、シンプルな着こなしをする事ができるというところがおすすめですね。
特に、秋物はカーディガンが秋物として非常に着回しのし易いアウターとして使いやすいですね。
そして、冬場は今度はインナーに切り替えて上にジャケットやコートを着るというように秋から冬に通して使いまわす事ができるので幅が広がるという利点がありますね。

ニット系は、特に新しい物になるとデザインが変わったりすることもあるので、新しい服をチェックしつつ気に入った物があれば買い足すようにしておくといいでしょうね。

そして、組み合わせの事を考えるのならばどちらかというとシルエットがすっきりしている物のほうが合わせやすいですね。
だぼっとした物は着やすくはあるのですが、組み合わせがしにくいのでお洒落なコーデには向いていません。