男のファッションは季節と着回しが鍵となる!

男のファッション、というのは女性のファッションと違ってパーツが少ない分、どう着回し組み合わせるかという事でお洒落度が変わって来ると言っていいでしょう。

シンプルな中で、どのようにコーデをしていくかでお洒落かそうでないか、という印象がつきやすいんですね。
細かなところに気配りができるかどうか、というところで男のファッションはいい物か、それともセンスがない物かというところが分かれることになります。

男のファッションは季節によって変わる

男性の場合、ファッションとなると基本的に春夏の暖かい時期はTシャツにパンツスタイルと言ったシンプルな形に落ち着く事が多いですね。

そこに、一枚ワークシャツなどを着たりするなどの変化を作る事はできますが、シンプルだからこそ同じような服装ばかりだとかなり目立ってしまいます。

そうなってしまうと、やはり同じような服しか持っていない人というようなイメージを持たれてしまいやすいです。
なので、シンプルだからこそ最低でも7枚ずつくらいは持っておけば週1ローテーションをすることができるし、組み合わせを変える事で違った印象を与える事ができる、というところがお洒落のポイントになっていますね。

実際、こういったシンプルな服装になりがちな季節の服の方を多めに持っておく、という人は多いです。

寒い時期のファッションはどのようにするべきか

逆に、秋や冬と言った時期になってくると今度はジャケットやコートを着る時期になるので、ある程度ファッションの変化をし易いというような時期になりますね。
ある意味では、ファッションに関する事を誤魔化しやすい時期だと言えるかもしれませんね。
しかし、男性でもあまりファッションに詳しくない人ほどそういう傾向にあり、特にジャケットやコートにこだわるあまりインナーが適当になってしまって、目立たなくなるインナーはいつも同じようなものという風になってしまいがちです。

デートで女性と一緒になる時なんかは特に食事をするとなるとコートやジャケットを一時的に脱ぐことになりますからね。
そうなった時、毎回同じ服だとお洒落じゃないという風に思われてしまいがちなので、場合によってのバリエーションを用意したいです。

同じ服しか持っていないのはファッション下手

やっぱり、同じような服しか着ていなかったり同じ服ばかり着ている人、というのはお洒落じゃないという風な印象を持たれてしまうことは間違いないでしょう。
しかし、十枚以上の上下をそれぞれ揃えているとかなりお金がかかってしまいます。
ファッションと言うのはお金をかけるものだと言われればそれまでですが、男性物は特に女性物に比べると一枚あたりの単価が高いんですね。

だから、数を揃えるというのは中々大変になってしまいます。
しかし、7枚ずつくらい用意しておくと週替りでローテーションできるし別々の組み合わせをすることで変化を付けやすくなるという利点があるんですね。

女性は特にファッションには目が向きやすいですが、組み合わせを毎回変えて着回す事で同じような印象を持たせないということもできるんです。

服装アレンジでファッションを楽しもう

一番のお洒落上手は同じ服でもアレンジや着回しの仕方によって印象を変える、というやり方です。
おしゃれな人というのは服を沢山持っているというよりは服装のアレンジを上手にできる事ですからね。

特に、色や生地などは着回しや組み合わせやすさなどを念頭において考えるといいでしょう。